新築物件で実際にあったトラブル

新築物件を探す際の実際にあったトラブルを避けるポイント

入居後のトラブル

新築の賃貸に入居する際にトラブルを避けるには、契約書の内容を確認しましょう。 重要事項説明書の内容に問題が無い物件かどうかが、大切なポイントになります。 新築の場合は内見が出来ない場合が多いので、周辺の環境をチェックする事でトラブルを防ぐ事が可能です。

続きを読む

契約内容を確認する事でトラブル回避

入居後に施工の問題が発覚するなどトラブルが発生するケースがあります。
管理会社がそのような時に保証をしてくれるのか、契約内容を確認して契約をしましょう。
新築物件の入居前のトラブルで困るのが、現在居住している物件の退去日を伝えてあるのに入居先の物件がまだ完成していないケースです。
引き渡しの日程に間に合わない時にどのように対応をして貰えるのか確認しましょう。

問題がわかった時点で管理会社に連絡をする事で解決する可能性があります。
生活をして建物の管理上で困ったことがあればまず管理会社が規約の範囲で対応をする義務があります。
大切なのは早めに管理会社に連絡をするなど行動を起こす事です。
新築の物件のトラブルで多いのが、間取りなどの図面で契約をするので実際の駅からの距離の表示と異なる場合です。
徒歩1分で80メートルが基本的な表記になります。
入居日までに完成するのが通常の契約ですが、新築物件でまれに工期が遅れてこのようなトラブルになるケースがあります。
このようなトラブルを避けるためには退去日までに引き渡しが予定通り行われるかどうか確認をしましょう。

管理会社が信頼ができるかどうかを契約前に調べる事でかなりのトラブルを防げます。
口コミや実際に身近で利用している方がいれば意見を参考にしましょう。
設備のトラブルなどが起こったら感情的にならずに、冷静になり落ち着いて対処する事が大切です。
一番早い解決策を管理会社と検討しましょう。

おすすめリンク

生活音やペットはお互いに注意

新築物件でトラブルになりやすいのは生活音やペットに関係する内容です。 例えばフローリングにはクッション材を用意するなど、下のフロアーへの音を緩和したりお互いに注意をしましょう。 ペットを飼っている方は共有部分でのマナーが大切です。 動物が苦手な方への配慮が必要になります。

続きを読む

防犯対策をしよう

新築物件のトラブルで多いのは空き巣などの被害です。 オートロックの物件で多いのは戸締りを忘れるなどによる被害になります。 表札などに不審なシールが貼られていないか注意をしましょう。 空き巣に狙われやすい状況がどのようなものかを知っておく事が大切です。

続きを読む