新築物件を探す際の実際にあったトラブルを避けるポイント

>

入居後のトラブル

故障かなと思ったら落ち着いて対応しよう

新築物件だとまだ入居した方がいないので、入居後に設備の不備が見つかる事があります。
まずは落ち着いて操作ミスなどがないか確認をしましょう。
引っ越ししてまだ慣れない設備だと、設備の故障だと勘違いしている可能性があります。

基本的な操作ミスがないか確認するためにも入居時に渡される設備のパンフレットはまとめておくと便利です。
すぐに見れる場所に置いておきましょう。

それでも無理な場合は設備関係だとほとんどの場合は管理会社が対応してくれます。
物件によっては24時間コンシェルジュがいる物件は担当者に連絡をしますが、それ以外は営業時間中しか対応ができません。
緊急の際に対応をしている会社の連絡先をまとめておくと安心です。

契約時に入る保険の重要性

新築物件のトラブルで困るのが、上の階からの水漏れのトラブルです。
これは自分が用心していても起こりえるトラブルです。
入居時に保険に加入するはずですが、どのような補償内容か確認をしましょう。

保険の内容によってはカバーできないトラブルがあります。
必要に応じて保険の加入を検討しましょう。

家財道具に対しての保証があると生活をしていて安心です。
一番多いトラブルが上の階からの水漏れで家財が駄目になるケースですが、その他に生活をしていておこりえるトラブルに対応していると良いです。

快適に生活をするためにはある程度の出費が必要になります。
入居時から保証されるように加入を検討しましょう。
損害が少なくて済む可能性があります。


この記事をシェアする