新築物件を探す際の実際にあったトラブルを避けるポイント

>

生活音やペットはお互いに注意

ルールを守る事が大切

集合住宅で生活をする上でトラブルを避けるにはルールを守る事が大切です。
ごみの出し方などからトラブルになるケースがあります。
入居する際に注意事項を確認しましょう。

ごみ置き場や駐輪場などは共有スペースです。
マナーを守る事でトラブルを回避しましょう。

多くの駐輪場は入居時にステッカーが配布されるか購入する事により使用が可能です。
管理会社に届け出をする前に自転車を置くのは避けましょう。
来客の際には他の入居者の邪魔にならないような配慮をしておくと良いです。
共有スペースは他の居住者が利用する事を念頭に生活する事が大切です。

マナーが悪い方がいる場合は直接言わずに管理会社に相談をしましょう。
直接話すと話がこじれる可能性があるからです。

工事が遅れていて入居が出来ない

入居日の予定までに新築物件の工事が遅れていて間に合わない場合があります。
退去予定日が決まっている場合、どこが責任をもつのか契約時に確認をしましょう。
新築物件は建物が完成する前に契約をするので、このようなケースが無いとはいえません。

契約から入居までの間に不動産屋に連絡を入れて、入居が可能な日にちに遅延がないか確認をしましょう。
もし日程がずれる可能性がある場合は、スケジュールの調整を早めにします。
新築物件のトラブルを避けるには、このような可能性がある事を念頭において行動をする事です。

入居日までに物件の様子を見に行くようにしましょう。
関係者とコミュニケーションをとる事で新築物件に関わるトラブルを回避しやすくなります。


この記事をシェアする