新築物件を探す際の実際にあったトラブルを避けるポイント

>

防犯対策をしよう

新築物件で多いお金のトラブル

新築物件多いお金のトラブルは申し込み金や敷金などのお金の問題です。
新築物件の場合は申し込み金を支払う事が多いですが、キャンセルをする際にどのような扱いになるか知っておきましょう。

トラブルを回避するポイントとして、家賃の一か月分を超える申し込み金を要求する会社は注意が必要です。
もしキャンセルをした際に返還を拒むことは宅地建物取引業法で、仲介業者に対して禁止されているので注意をしましょう。

申し込み金を支払う際に必ず預り書を受け取ります。
日にちと金額が記されており、どのような目的のお金であるか記載されているかがポイントです。
あくまで預かり書であり、領収書でないか受け取る際に確認がこのお金を支払う時には必要です。

物件からの退去時に注意が必要

退去時に注意をする事で新築物件に多いトラブルから回避できます。
一番多いトラブルが敷金がいくら返還されるかです。
原状回復がどこまで入居者の義務なのか契約書で確認をしましょう。

大切なのは部屋の設備を含めて、掃除など日頃の手入れをまめに行う事です。
こまめに手入れをする事で新築物件に多いトラブルを減らすことが可能になります。フローリングにはカーペットをフローリングにしくなど工夫をしましょう。

退去をする際に修繕する個所が少ないと敷金が返還されますが、修繕箇所が多いと退去時に費用の負担が発生します。
契約書にどの範囲までが入居者の負担になるのか記載されているので確認をしましょう。
このようなトラブルを避けるには部屋の退去時に立ち合いを行います。


この記事をシェアする